メニュー

ウィルス性いぼ(尋常性疣贅)

お子様の指先に、「ブツブツした白っぽい隆起」がある、お子様の足裏に、「ウオノメ・タコかな?」と思ったら、ウィルス性いぼかもしれません。

原因

ヒト乳頭腫ウィルスの感染によるいぼです。お子様の指や足裏に良く見られます。大人の方もウィルスに感染すれば、いぼが出来ます。

症状

最初は数mm程度の小さな隆起が、感染が拡がると数cmの大きさに至ることもあります。別の指にウィルスが感染して、手足に多発することもあります。
通常は無症状ですが、指先や足裏のいぼの場合、当たると痛みを感じることがあります。自然に治ることは少なく、大きくなったり、数が増えたりするので、治療をおすすめ致します。

治療

液体窒素による凍結、モノクロロ酢酸の塗布、電気メスやレーザーによる焼灼、ヨクイニン(ハトムギ種子の生薬)の内服などがあります。当院では、痛みの少ない方法を選択していきます。イボが大きい場合や難治性の場合は、局所麻酔をして電気メスを用います。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME