メニュー

女性のデリケートゾーンのお悩み

女性のデリケートゾーンのできもの、湿疹、かゆみ…

デリケードゾーンのお悩みは相談しづらいと思いますが、お気軽にご相談くださいませ。

当院は、女性スタッフですので、安心してご受診いただけます。
院長が術後再診も行ないますので、同じ担当医による診察が可能です。

先日、この様なお悩みの患者様がいらして、「ここへ来て良かったです」とお伝えくださいました。少しでもお役に立てたかなと、大変嬉しく思っております。
また、陰部の粉瘤の患者様から、「珍しい病気なのでは…」と、ご不安で受診を躊躇していたと伺いました。陰部の粉瘤は良く見られますので、安心してご受診いただければと思っております。

粉瘤の日帰り手術について詳しくはこちらをご覧くださいませ。

考えられる病気

できもの

  • 粉瘤
  • 脂肪腫 
  • 軟性線維腫
  • 尖圭コンジローマ
  • その他の皮膚腫瘍 など

痛み・腫れ

  • 炎症性粉瘤
  • リンパ節炎
  • バルトリン腺炎 など

かゆみ、ジクジク

  • むれ
  • カンジダ皮膚炎(外陰部の炎症)  
    • 膣内の炎症もある場合は、まず婦人科のご受診をお願い申し上げます。
  • 性器ヘルペス など

デリケードゾーンのかゆみで市販薬をお使いの場合、添加物でかぶれている可能性もありますので、良くならない場合はお気軽にご受診くださいませ。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME