メニュー

しみの改善

しみの種類・原因

しみは、皮膚の表皮もしくは真皮にメラニン色素が存在している状態です。
主に下記の種類があります。

  • 老人性色素斑

一般的なしみです。
境界が明瞭な褐色の色素斑です。顔や手の甲など紫外線を浴びやすい部位に出来ます。男女ともに見られます。表皮基底層にメラニン色素を認めます。

  • 肝斑

20~30代頃から、目の下、頬骨、口の周りに左右対称に現れる淡褐色~茶色のぼんやりとした、境界が不明瞭な色素斑です。紫外線や摩擦の他に、女性ホルモンの関与も考えられています。主に女性に見られます。主に表皮基底層にメラニン色素沈着が認められます。

  • ADM(Aquired dermal melanocytosis)後天性真皮メラノサイトーシス

遅発性太田母斑とも呼ばれます。
頬骨周囲、額の外側、目の下、小鼻、鼻根部に出来る灰褐色~青褐色の色素斑です。多くが左右対称です。主に女性に見られます。表皮と真皮にメラニン色素が認められます。

  • 雀卵斑(そばかす)

頬や鼻に細かな褐色の斑点が散在します。幼少期から見られることが多いです。男女ともに見られます。表皮基底層にメラニン色素が認められます。

  • 炎症後色素沈着

にきび痕、レーザー照射後、アトピー性皮膚炎などの炎症後にできる褐色斑です。表皮基底層にメラニン色素が認められます。

当院で行なえる治療

しみの治療は、自由診療になります。
当院の治療は、飲み薬と塗り薬になります。
しみの種類によって、保険適用になることもあります(例:扁平母斑、太田母斑)。

  • トレチノイン(TA)の塗り薬

トレチノインはビタミンA(レチノール)の誘導体で、ビタミンAの約50~100倍の生理活性を持っています。アメリカではしわ・にきびの治療薬として認可されています。
レチノール入りの市販化粧品に比べると、約50~100倍の生理活性を持つため、治療効果を認めやすいと言えます。

当院では、0.1 % トレチノインをお取扱いしております。

<トレチノインの皮膚への作用と期待される効果>

皮膚への作用 期待される効果
角質をはがす くすみの改善
表皮の細胞分裂を促進(ターンオーバーを早める) しみの改善
(表皮基底層のメラニンを押し出す)
皮脂分泌を抑える にきびの改善
真皮のコラーゲン生成を促す たるみ、小じわの改善


トレチノインは、しみ・小じわの改善、にきびの改善に効果を発揮します。

ご使用の際は、後述のハイドロキノンと併用していただきます。

    • トレチノイン(TA)→メラニンの排出を促す
    • ハイドロキノン(HQ)→新たなメラニン産生を抑える、炎症後色素沈着の予防

 

  • ハイドロキノン(HQ)の塗り薬

ハイドロキノンには、下記の作用があり、美白剤として欧米で用いられていました。日本では、2001年の薬事法の規制緩和によって市販の化粧品にも含まれています。

<ハイドロキノンの皮膚への作用>

  • メラニン色素が作られるのを抑える
  • メラノサイト(メラニンを作る細胞)の働きを弱める。

高濃度ハイドロキノンは、高い効果を得られますが、かぶれ・細胞毒性の恐れがある為、当院では効果と副作用を勘案して、5 %濃度のハイドロキノンクリームをお取扱いしております。

Q & A 

Q. ハイドロキノン(HQ)だけでも治療できるの?

A. トレチノイン(TA)併用の方が高い効果を得られますが、トレチノインは赤みや皮むけを生じるので、マイルドに治療したい方には、ハイドロキノン単剤でもお使いいただけます。

Q. レーザー治療との違いは?

A. レーザー治療は、しみの原因であるメラニンに直接熱を加えて除去するので、即効性がありますが、ダウンタイムがあったり、炎症後色素沈着が生じたりします。
トレチノイン+ハイドロキノン療法は、レーザーに比べると炎症後色素沈着が起こりにくく、しみの効果に加えて小じわの改善も期待できるのが利点です
時間がかかっても構わない、ご自宅で治療をしたい方におすすめです。

肝斑には、基本的にレーザーを照射出来ないので、トレチノイン+ハイドロキノン療法は有効です。
トラネキサム酸やビタミンCの飲み薬も効果を期待できます。
注:レーザー機器によっては肝斑に照射できるものもあります。

真皮にメラニン色素が存在するしみ(ADM)には、トレチノイン・ハイドロキノン療法とレーザー治療を併用することをおすすめします。

真皮の深い部位にメラニン色素が存在する太田母斑や伊藤母斑、外傷性刺青には効果がありません。

注意事項

  • トレチノイン、ハイドロキノンの治療中は、必ず紫外線対策をお願いします。日中の外出時は、日焼や止めのご使用をお願いします。
    低刺激性日焼け止めについて詳しくはこちらをご覧くださいませ。
  • 妊娠・授乳中の方、妊娠予定の方は、ご使用を控えていただきます。

しみのご相談の流れ

  1. しみの部位のお化粧を落としていただきます。
  2. ダーモスコピーで皮膚を拡大して診察し、しみの種類をご説明させていただきます。
  3. ご希望の治療をお伺いいたします。
  4. 診察終了後は、パウダルームをお気軽にご利用くださいませ。

費用

すべて税抜き価格です。予告なく変更されることがございます。

初診料(ご相談のみ)
お薬のご購入あり

2000円
無料

5 % ハイドロキノンクリーム 5 g(診察料込み)

2300円

0.1 % トレチノインクリーム(診察料込み)

4000円

トラネキサム酸 30日分(診察料込み)

2700円

ハイチオール 30日分(診察料込み)

2500円

シナール 30日分(診察料込み)

2500円

3種類 30日分(診察料込み)

お問合せくださいませ。

再診料

1000円

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME