メニュー

はいりゅうしゅ(稗粒腫)

原因・症状

1~2 mm程度の白いブツブツ(丘疹)が、主に目の周りや顔に出来ます。
硬くて光沢のある球状の粒が皮膚表面から透けて見えます。
これは、毛穴につまった角質の塊です。

治療

大人の場合、自然消失することは少ないので、注射針で表面に穴を空け、粒状の塊を押し出します。
当院では、先端の細い鑷子(ピンセット)を用いて、きれいに取り除くように心がけております。
ご希望の方には麻酔を使用いたしますので、ご安心くださいませ(麻酔は別途自費になります)。

費用

保険が適用されます。

稗粒腫摘除 3割負担 1割負担
10ヶ所未満 74点 220円 70円
10ヶ所以上 148点 440円 150円

上記は、処置の費用です。その他に、診察料(初診料もしくは再診料)等がかかります。

当日の処置が可能かについて

当日の処置が可能かについて、多くのお問い合わせをいただいております。
診察で拝見させていただかないと、不確定ではございますが、

  • 小さいもの
  • 浅い所に存在しているもの

は、針で押し出せるので、当日の処置が可能なことが多いです。

  • 多発しているもの
  • 大きいもの
  • 深い所に存在しているもの(軟毛嚢腫)
  • 底面との癒着が強いもの

は、針で押し出せないことが多く、レーザーによる施術(自由診療)になります。その場合、当日の予約状況によりますが、当日施術は承れないことが多いです。

その様な方でも、「保険診療による針の処置を試みてから、自由診療を検討したい」というご希望も尊重いたします。まずは、針で取れそうな所から処置を始めてもよろしいかと存じます。

ダウンタイムについて

稗粒腫の大きさ・性状にもよりますが、針で押し出す際に出血し、処置後の数日間はじくじくした傷になります。傷が上皮化した後も、1-2週間程度は赤みが残ります。大きな稗粒腫を摘除した場合は、炎症後色素沈着の可能性もございます。大切なご予定を控えている場合は、処置を避けた方が良いですよ。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME