メニュー

男性型脱毛症(AGA)

症状・原因

男性型脱毛症とは、思春期以降に頭髪が薄くなる(軟毛になる)状態です。主に、額の生え際や頭頂部で認められます。

毛周期(ヘアサイクル)は、「成長期」→「退行期」→「休止期」を繰り返して生え変わっています。

男性型脱毛症では、成長期の期間が短くなり、毛包が育たないうちに退行期へ移行するので、毛包のミニチュア化が認められます。また、休止期で留まる毛包も増加します。
その結果、軟毛(細くて短い毛)や毛が生えていない状態になります。

原因として、男性ホルモンが関与しています。

男性ホルモンの一つである「テストステロン」は、「5α還元酵素」によって、活性の高い「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されます。
DHTが頭髪の毛乳頭細胞に存在する受容体に結合すると、成長期が短縮します。その結果、上記の症状が認められます。

治療

自由診療になります。

  • 塗り薬:ミノキシジル →OTCとして購入が可能
  • 飲み薬:プロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)
  • 注射:メソセラピー、ビオチン注射など →当院で行なっている注射はこちら
  • 植毛:→植毛クリニックをご紹介させていただきます。

当院では、医療機関のみで処方できる飲み薬(ザガーロ)をお取扱いしております。

ザガーロ(デュタステリド)

前述の「5α還元酵素」の働きを抑制し、AGAの原因となるDHTの生成を阻害して効果を発揮する飲み薬です。
デュタステリドは、5α還元酵素「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の両方を抑制するので、Ⅱ型のみを抑制するフィナステリドよりも高い効果が期待されます。

副作用

  • 性機能不全(射精障害や勃起不全など)
  • 肝機能障害
  • 抑うつ気分

これらの副作用症状を認めた場合、すぐに内服を中止してご相談ください。

注意事項

  • 内服中は、前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSA値が減少する為、内服開始前のPSA値の確認および内服中の定期的な前立腺検査(超音波検査やPSA値の推移評価)をおすすめいたします。
  • 内服中は献血が行えません。ザガーロは6ヶ月の休薬後に献血が可能となります。

ご使用になれない方

  • 女性の方
  • 20歳以下の男性
  • 重度の肝障害のある方
  • 5α還元酵素阻害薬に対し過敏症のある方

服用方法

1日1回、1錠を内服してください。

効果

効果には個人差があります。
早い方では3ヶ月後から効果が認められますが、多くの方は、最低6ヶ月間の内服が必要となります。
数年間の内服を続けると、約80%の方が抜け毛の進行が止まったと感じるようになります。

ビオチン注射

ビオチンとは、ビタミンB7のことで、爪、髪、お肌のケラチン生成に役立っています。

週1~2回の注射で、抜け毛が減った、髪の艶が出た、白髪が減ったという患者様の感想を頂戴しております。

費用もお手頃ですので、髪やお肌の健康に試してみても良いかなと思います。
女性の方にもおすすめです。

自家植毛

植毛をご希望なさる方は、植毛クリニックをご紹介させていただきます。

ご予約方法

  • 対面診療(お電話、WEB予約)
  • オンライン診療でも診察とお薬の配送を承っておりますので、ご活用いただけますと幸いです。

費用

ザガーロ 0.1mg, 0.5 mg(30日分)

¥12,000+税
(診察料込み)
ビオチン注射

¥1,000+税
(初回のみ診察料¥1,000を頂戴しております)

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME