メニュー

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

慢性の湿疹を起こし、原因にアレルギーが関与することもある皮膚の病気です。

日本皮膚科学会における定義では、
①かゆみ
②特徴的な皮疹と分布
③乳児では2ヶ月、その他では6ヶ月以上の慢性の経過
を満たすと、アトピー性皮膚炎と呼びます。

なぜ湿疹を起こすの?

1.皮膚のバリア機能の低下
2.アレルギー(アトピー素因)

が考えられています。

なぜ皮膚のバリア機能が低下するの?

皮膚のバリア機能とは、角層の水分保持、外界の刺激からの防御を指します。
近年では、「フィラグリン」の遺伝子レベルでの異常や「セラミド」の低下がアトピー性皮膚炎で確認されています。
 フィラグリン:角質細胞の成分で、外界の刺激からの防御に関与しています。
  セラミド:角質細胞間脂質で、水分保持に役立っています。

つまり、皮膚のバリア機能が低下している肌だと、水分を失いやすく、外界の刺激(花粉やダストなどのアレルゲン)に敏感になり、湿疹(かゆみ、赤み、かさかさ)を引き起こします。

アトピー素因とは?

気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎の家族歴や既往歴を指します。
 家族歴:ご家族の病気
 既往歴:ご本人の過去の病気

どんな症状なの?

アトピー性皮膚炎では、広範囲の湿疹が左右対称にみられます。
年齢によって湿疹の出来やすい部位が変わってきます。

  1. 乳児期(2歳未満)
    主に顔や頭から始まり、徐々に手足や体に拡がります。
    多くの場合、1歳半頃に落ち着きます。
  2. 幼児・学童期(2歳~12歳)
    顔よりも肘窩、手首、足首の湿疹が多くなります。
    多くは思春期に軽快していきます
  3. 思春期・成人(13歳以上)
    顔や上半身の湿疹が多くなります。
    成人から発症したり、悪化したりする場合は、治りにくく、付き合いながらの治療になる可能性があります。

どんな治療をするの?

治療のゴールは、かゆみの症状を抑え、日常生活に支障がない状態を維持することです。

  1. 炎症を抑える塗り薬→「ステロイド」「プロトピック」
  2. 保湿剤や入浴などのスキンケア
  3. かゆみを抑える飲み薬→「抗アレルギー薬」
  4. 悪化因子(汗、乾燥、アレルゲンなど)の除去と対策
  5. 全身の炎症を抑える飲み薬(最重症の場合)→「シクロスポリン(ネオーラル)」

治療中の効果の目安として、短期的な病勢マーカーであるTARC値の血液検査も行なえます。

当院では、生物学的製剤「デュピクセント」、紫外線治療「ナローバンドUVB」「エキシマレーザー」の治療は行なっておりません。連携病院をご紹介させていただきます。

子供の湿疹はアトピー性皮膚炎なの?

お子様に湿疹が出来やすいと、アトピー性皮膚炎をご心配なさると思います。
診断基準では、湿疹とアトピー性皮膚炎を区別しますが、アトピー性皮膚炎と診断されても、お子様の場合は年齢が上がるにつれて軽快することが多い上、湿疹の治療法と基本的には変わりませんので、特別視しなくても大丈夫です。

湿疹の出来やすい肌質として、日常のスキンケアを含めた治療をさせていただきます。
2歳までの重症度が予後に影響するという報告もあり、早期の治療が望まれます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME