メニュー

多汗症(ボトックス注射・エクロックゲル)

多汗症とは?

多汗症には、「全身性多汗症」と「局所多汗症」があります。

また、他の病気に伴って起こる「続発性」と、原因のわからない「原発性」があります。

ここでは、「原発性局所多汗症」について記載します。

原発性局所多汗症とは、手のひら、足の裏、わきの下、額、頭部などに、左右対称性に多量の汗をかく病的状態です。

発汗に関与するコリン作動性交感神経が興奮しやすいことが一因と考えられていますが、はっきりと解明されていません。

精神的に緊張した時や温まった時に、多量の汗が出ますが、寝ている時は認めません。

<診断基準>
局所的に過剰な発汗が、明らかな原因のないまま6ヶ月以上続き、
以下の6項目のうち2項目以上あてはまる場合を「原発性局所多汗症」と診断します。

  1. 最初に症状が出たのが25歳以下
  2. 左右対称性に発汗を認める
  3. 睡眠中は発汗が止まっている
  4. 週1回以上の多汗のエピソード
  5. 家族歴がみられる
  6. それらにより日常生活に支障をきたしている

治療

  • 塩化アルミニウム溶液の塗り薬
  • エクロックゲル(わき多汗症に保険適用)
  • ボツリヌストキシンの注射(わき多汗症のみ保険適用)
  • 飲み薬(抗コリン作用薬、漢方薬、自律神経調整薬)
  • イオントフォレーシス
  • 外科手術
  • レーザー治療ミラドライ(マイクロ波治療器)

などで治療を行ないます。

 

ボトックス注射について

当院では、原発性腋窩多汗症(わき汗)に対するボトックス注射も行なっております。保険適用になります。
ボトックスを注射することで、発汗に関わるアセチルコリンを抑制して、汗の量を減らす治療法です。

<治療の概要>

  • 効果は4~9ヶ月続きます(個人差があります)。
  • 片側に10~15ヶ所の注射をします。
  • 痛みの少ない細い針で注射をします。
  • 冷却麻酔を行ないますが、ご希望の方には、麻酔クリームを使用いたします(麻酔クリームは別途自費になります)。

<通院回数>

  • 保険適用のボトックス注射は、2回の通院が必要です。
    1回目:診察と同意書ご記入2回目:施術
  • 保険適用外のボトックス注射は、同日の施術が可能です。

費用

ボトックス注射

保険適用
グラクソスミスクライン社の製剤
約22,000円
(3割負担)
保険適用外
アラガン社の製剤
60,000+税
(自由診療)

その他に、診察料がかかります。

◆効果が4~9ヶ月続きますので、夏のわき汗にお悩みの方は、夏前に施術していただくと、ひと夏を快適に過ごせることが期待できます。

エクロックゲルについて

  • 日本初の原発性腋窩多汗症用外用剤(わき汗への塗り薬)が2020年11月26日に発売されました。保険適用です。
  • 1日1回の塗布です。
  • 薬価は、約4900円/1本(20g)です。
  • 費用は、3割の自己負担の場合、当院での初診料+処方箋料で1100円程度、調剤薬局様での調剤料+お薬代等で2000円程度になります。
  • 新薬ですので、2週間ごとの処方になります。

新しいお薬ですので、治療効果や副作用の有無を慎重に評価していく必要がありますが、わき汗にお悩みの方の一助になればと期待しております。

わき汗の治療法の比較

 

ボトックス注射

エクロックゲル

外科手術

ミラドライ(マイクロ波治療器)

塩化アルミニウム溶液

効果

多汗症

多汗症

多汗症
わきが治療にもなる

多汗症

多汗症

持続期間

4~9ヶ月

1日1回塗布

半永久

長期間

週2,3回塗布

治療時間(両側)

10分程度

1分

90分程度

60分程度

1分

きずあと

なし

なし

4 cm程度

なし

なし

ダウンタイム

なし

かぶれることがある

ガーゼ固定2週間

赤み・腫れ約1週間

かぶれることがある

保険適用

あり

あり

あり

なし(自由診療)

なし

費用(両側、3割負担の場合)

約22,000円

初診料+処方箋料:約1100円
調剤料+薬剤料等:約2000円

約50,000円

クリニックによる

約4000円/100 ml

当院での治療

不可(ご紹介)

ご購入

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME